通販でファッションを買う時は

通販で女性がファッションを買うことに対して男性はとても不思議に感じているのです。

手触りや試着をして現物を確かめてはじめて買うのではないのかと思うのです。1970年代から多くのファッション雑誌が出始めて多くの女性がそれを見て、自分もこんな服が着てみたいと思うようになってきたのです。そのファッションを通販で買うことを普通と感じてきたのです。その後は社会にゆとりの雰囲気が入りこみ、少しくらい失敗しても構わないという感覚が広まっていったことなどが大きな理由になります。

その上返品可能なことがあることも通販で買うことが多くなったことになりました。しかし、最も大きなことは通販での服がその服の使用する時の価値がしっかりと伝わることなのです。カタログにはその服を着たモデルの人がいろいろなポーズをとり、そこにいるのです。その持っているバッグや靴なども服が似合うような物を選んで、それを着る場面も想像できるようになっているところです。

背景に素敵な建物や、風景を合わせて、シックな雰囲気やウキウキとした気持ちが伝わるようになっていて、実際にお店に並んでいるのを見るよりはるかに想像をすることができます。自分に当てはめても、このような場面にはこの服はきっと似合うはずだと思ったりします。店員の視線や買い物をする時間などを全く気にすることなく、自分の好きな服をまるで試着しているような楽しい時間を持っているのです。まるで、別の世界、夢の世界に入り込んでいる気分にさせてくれるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *