一般的なヨガとホットコラーゲンヨガの違い

コラーゲンヨガはヨガスタジオを特殊な光の膜でコーティングし、健康に良い空間を作りその空間でヨガをおこないます。

ホットコラーゲンヨガは、そこの空間を温めることで代謝の良い空間を作り上げます。そこでヨガをおこなうことで、私たちの身体は光の膜でコーティングされ、かつ身体が温められる事で代謝も良くなり、いつもよりも体がよく動かす事ができ通常のヨガよりも効果を得る事ができます。ホットコラーゲンヨガの光の膜は特殊なものであり、「光トリートメントランプ」といわれています。LEDランプによる照射があり、室内は真っ赤であります。

633nmの可視光線で特殊なランプが肌の真皮層に届き、内部からお肌を活性化させコラーゲンの生成を促します。肌のハリやツヤを良くする。蘇らせる効果があるといわれています。肌などの劣化となっている紫外線等をほとんど持たず、肌に負担をかけることなくケアできると考えられています。その他にも体内環境を整える効果にも準じていると言われています。コラーゲンヨガを行うと体内のコラーゲンが増え、肌の潤いとハリを保たれ、美しい肌がよみがえります。

新しいコラーゲンができるので、関節痛などの原因である古いコラーゲンを排除し痛みが緩和します。血管の弾力も高まり血流がよくなり、動脈硬化の予防も期待できます。そこに室内の温度や湿度を上げ適正にすると、身体の体内循環はよりいっそう良くなり効果が倍増します。それがホットコラーゲンヨガであります。ホットコラーゲンヨガは特殊なヨガであり自宅で行いたくてもなかなか行うのは難しいヨガです。ジムなどにいき一度体験してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *