知っておきたい!”ホット”ヨガでのヨガウェア

専門ヨガスタジオだけでなく、大手の総合スポーツジムでもクラスが開設されているところが増えてきたホットヨガ。

サウナのように温度と湿度が高い部屋で行うことで、常温クラスよりも代謝が上がりやすく、難易度の低いポーズでもたくさん汗をかけるのが特徴です。柔軟性に自信のない方やスポーツにブランクがある方でも、チャレンジしやすいと人気が高まっています。そんなホットヨガで着るヨガウェアは、基本的には普通のヨガやエクササイズと同じもので何ら問題ありません。でも経験者的には、見た目や動きやすさを考えるとちょっと気を付けたいポイントがあるのも事実です。

多くのクラスはだいたい1時間前後のことがほとんどですから、その時間、気持ち良く、ストレスなく楽しむためにも、ぜひ知っておくことをお勧めします。まず最初のポイントは「色」です。というのも、ホットヨガ最大の特徴は、大量に汗をかくこと。脇や背中、胸元などだけでなく、腕じゅう、足じゅう、おなかやおしりなど至る所から驚くほど発汗するものです。そんな時、気になるのが汗じみではないでしょうか。

参加者皆が同じような状況なので気にすることではないかもしれませんが、やはり見た目が……と感じる方には、グレーや薄ピンク、水色など意味が目立つ色のヨガウェアより、黒、紺、白等がお薦めです。また、常温と違って意外と気になるのが「ストレッチ感」です。動きに合わせて伸縮性のあるヨガウェアの方が常温では心地よいことが多いのですが、ホットヨガの場合、汗をかいたウェアが肌に密着していることが意外と不快に感じることも。ストレッチ素材であれば生地が薄手のもの、あるいは、綿製ですこしダボッとゆとりのあるシャツやパンツの方が、ホットヨガの場合はストレスがないかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *